福岡医科歯科連携研修会

大盛況のうちに、第3回目の研修会が終了しました。
研修会の模様につきましてはコチラから

 本研修会は、歯科医療従事者に必要な臨床での有病者患者対応についての基本を学びます。有病者の患者の治療に際して特に注意すべき、薬剤、禁忌事項等についての理解を深め、バイタルサインの観察、測定方法や介助を必要とする患者の基本知識などを知る内容となっております。
 講師陣には、池友会グループ救急病院で長期に渡り第一線でご活躍されている先生方をお招きし、今我々歯科医療に求められていることを聞くことができる研修会です。
 全7回の専門的な知識を確実に学べる今回の研修会により、歯科衛生士や歯科助手の方への臨床現場のステップアップになると思われます。

講師:藤井 茂 先生

第1回目 「糖尿病などの生活習慣病について
また、緊急時における救急病院との連携について」

講師 藤井 茂 先生

社会医療法人財団 池友会 福岡新水巻病院 院長

社会医療法人財団 池友会とは

研修内容
第1回糖尿病などの生活習慣病について
また、緊急時における救急病院との連携について
第2回脳血管疾患について
また、医療機関との連携について
第3回循環器障害について
また、医療機関との連携について
第4回歯科治療上注意すべき薬剤について
第5回臨床における診察介助に必要な技術および
有病者の口腔ケアについて
第6回日常生活行動の介助の基本および
歯科治療時における注意事項
第7回摂食・嚥下障害の知識
募集対象
歯科医師、歯科衛生士、歯科助手
開催概要
全7回 毎月 第2木曜日
開場 18:15 開始 18:30~終了 20:30(120分)
受講料
歯科医師全7回 35,000円 (各回 6,000円)
歯科衛生士全7回 30,000円 (各回 5,000円)
歯科助手全7回 25,000円 (各回 4,000円)

※特定回の研修会のみ受講(1回につき)
歯科医師 6,000円、歯科衛生士 5,000円、歯科助手 4,000円

会場
福岡和白リハビリテーション学院 5F 特別講義室
〒811-0213 福岡市東区和白丘2-1-13
TEL 092-608-8600
http://www.fukuokawajiro-reha.jp/
アクセスマップ
福岡医科歯科連携研修会プログラム
開催日時研修内容
第1回平成30年 4月 12日 (木) 18:30~20:30糖尿病などの生活習慣病について
また、緊急時における救急病院との連携について
第2回平成30年 5月 10日 (木) 18:30~20:30脳血管疾患について
また、医療機関との連携について
第3回平成30年 6月 14日 (木) 18:30~20:30循環器障害について
また、医療機関との連携について
第4回平成30年 7月 12日 (木) 18:30~20:30歯科治療上注意すべき薬剤について
第5回平成30年 8月 9日 (木) 18:30~20:30臨床における診察介助に必要な技術および
有病者の口腔ケアについて
第6回平成30年 9月 13日 (木) 18:30~20:30日常生活行動の介助の基本および
歯科治療時における注意事項
第7回平成30年 10月 11日 (木) 18:30~20:30摂食・嚥下障害の知識

全7回(全研修の受講終了者には、修了証書を発行致します)

お申し込み・お問い合せ先
福岡医科歯科連携研修会 運営事務局
代表 池田 英弘
〒811-0213 福岡市東区和白丘2丁目2-35(和白歯科クリニック内)
TEL 092-605-8311 FAX 092-605-8312
e-mail fukuoka.ikashika@gmail.com

福岡医科歯科連携研修会レポート

第3回「循環器障害について また、医療機関との連携について」

福岡医科歯科連携研修会の第3回目 講師:社会医療法人財団 池友会 福岡新水巻病院 救命救急部長 宮薗 博貴 先生による『循環器障害について また、医療機関との連携について』が大盛況のうちに終了致しました。
たくさんの皆様のご参加、有難うございました。

第3回研修会風景写真

第3回研修会風景写真

参加者の感想を一部ご紹介致します。

心電図は難しいですが、もっとしっかり勉強したいと思います。(歯科医師)

心不全について理解し患者様を安心して診れるようになります。(歯科医師)

今後の歯科臨床上での注意すべきヒントが沢山学べました。(歯科医師)

頻脈、徐脈のボーダーラインへの理解がより深まりました。(歯科医師)

心電図についてより理解ができました。(歯科医師)

心疾患のある患者さんへの対応として大変参考になる説明でした。(歯科医師)

歯科治療と心疾患のかかわりをわかりやすく説明してくださり非常にためになった。(歯科医師)

狭心症の患者さんの治療を行う際、医科から処方されたニトロ舌下錠を持参してもらうようにします。(歯科医師)

非常に参考になる説明でした。難しい事も多くよく勉強しようと思います。(歯科医師)

虚血性心疾患のイメージがはっきりしてきました。(歯科医師)

問診の重要性をあらためて感じました。(歯科医師)

心電図モニターの重要性や頻脈、徐脈についてなどがよくわかりました。(歯科衛生士)

具体的で解り易かった。現場での注意する点の参考になった。(歯科衛生士)

歯周病が原因の疾患、危険因子について参考になりました。(歯科衛生士)

モニターの見方、ただ単純に見ているだけではなくキチンと波形や音に注意し判断して処置するように気をつけたいと思います。
(歯科衛生士)

心電図に触れる機会はあまりないですが、診療中の血圧モニターの変化をしっかり見ていき対応していきたいです。(歯科衛生士)

歯科に関する事項はとても興味深く特にNYHAの心機能分類、歯科治療の注意点、感染性心内膜炎は心に残った。(歯科衛生士)

歯周病による歯性病巣感染など臨床の現場でいかしていけるよう研修後もさらに調べて勉強しスキルアップしていきたいと思います。
(歯科衛生士)

次回のテーマは、
『歯科治療上注意すべき薬剤について』です。
講師 百合野 猛 先生 社会医療法人財団 池友会 福岡和白病院 臨床薬理室 室長補佐薬剤師

歯科衛生士、歯科助手の方々も是非、ご参加下さい。
一講座のみ受講でもOKです!
医療従事者として、皆で勉強してゆきましょう。

第2回「脳血管疾患について また、医療機関との連携について」

福岡医科歯科連携研修会の第2回目 講師:社会医療法人財団 池友会 福岡新水巻病院 脳神経外科部長 金 茂成 先生による『脳血管疾患について また、医療機関との連携について』が大盛況のうちに終了致しました。
たくさんの皆様のご参加、有難うございました。

第2回研修会風景写真

第2回研修会風景写真

参加者の感想を一部ご紹介致します。

脳血管障害の新しい治療法、薬剤について聞くことが出来参考になりました。(歯科医師)

すごく詳しい内容でした。(歯科医師)(歯科衛生士)

たくさんの臨床ヒントをありがとうございました。今後も医科との連携を重ねスキルアップしていこうと思います。(歯科医師)

とてもわかりやすかった。(歯科医師)(歯科衛生士)

毎回出席したいと思います。(歯科医師)

とても貴重な講義でした。ありがとうございました。(歯科医師)

昨年も受講しましたが、話がうまくとても聞きやすかったです。(歯科医師)

脳血管疾患について疑問に思っていたことが解決しました。(歯科医師)

非常に解り易い内容で明日からの臨床に役立つ内容でした。(歯科医師)

普段見る事のない術中写真や症例を見ることが出来てよかったです。(歯科医師)

脳卒中の治療、手術、療法の概要がわかりやすい説明で理解が深まったと思います。(歯科医師)

情報が多くなった現状で患者様に説明したり考えるヒントになるお話で大変参考になりました。(歯科医師)

薬剤などの説明とても参考になりました。(歯科医師)(歯科衛生士)

質問事項への回答にも一つ一つ丁寧にお答えいただきありがとうございました。(歯科衛生士)

口腔ケアと脳疾患の関連性について衛生士からも患者さんに伝えていきたいと思います。(歯科衛生士)

歯科衛生士にもわかりやすく説明していただき良かったです。(歯科衛生士)

なんとなく理解していたことがはっきりわかるようになりました。(歯科衛生士)

救命率の向上による後遺症患者の増加。それによる脳疾患の現状などがよくわかりました。(歯科衛生士)

歯科治療による義歯の適合の重要性や嚥下障害の患者さんの勉強など再度していきたいと思いました。(歯科衛生士)

現在の脳血管疾患の処置内容について詳しく知ることができました。(歯科医師)(歯科衛生士)

資料もわかりやすく、スクリーンもみやすかったです。(歯科助手)

次回のテーマは、
『循環器障害について また、医療機関との連携について』です。
講師 宮薗 博貴 先生 社会医療法人財団 池友会 福岡新水巻病院 救命救急部長

歯科衛生士、歯科助手の方々も是非、ご参加下さい。
一講座のみ受講でもOKです!
医療従事者として、皆で勉強してゆきましょう。

第1回「糖尿病などの生活習慣病について」「また、緊急時における救急病院との連携について」

福岡医科歯科連携研修会の第1回目 講師:社会医療法人財団 池友会 福岡新水巻病院 院長 藤井 茂 先生による『糖尿病などの生活習慣病についてまた、緊急時における救急病院との連携について』が大盛況のうちに終了致しました。
たくさんの皆様のご参加、有難うございました。

第1回研修会風景写真

第1回研修会風景写真

参加者の感想を一部ご紹介致します。

糖尿病について今まで薄っすらとした知識だったのでよく深く知ることができて良かったです。
また、藤井先生の口調に引き込まれ、退屈することなくずっと集中して話を聞くことができました。
歯科治療時の注意事項を聞くことができて、明日からの診療に役立てて行きたいと思います。(歯科医師)

堅苦しくなく、わかり易い説明と楽しい内容で飽きることなく時間が過ぎました。
このような勉強は、なかなか自分でしてもすぐ忘れたりしがちなので口頭で聞くことが大事だと思います。(歯科医師)

ステロイド内服の方にも糖尿病について注意が必要であることを認識しました。(歯科医師)

HbA1cの正常値(優↔不良の値)、血圧の値を頭に入れて仕事に活かします。(歯科衛生士)

糖尿病の患者様に対して気を付けるポイントを知ることができ、大変勉強になりました。(歯科衛生士)

糖尿病の方は、実際によく来院されるのでHbA1cの数値はよく伺いますが、手術の際は、7.0以下というのは知らなかったです。
先生の雑談もためになりました。土地柄、糖尿病が多いこと。HbA1cの数値が20の方がいた…等。
本に書いていないようなことなど楽しく聞けました。有難うございました。(歯科衛生士)

救急時の対応や今まで不安に思いつつ行っていたことが理解できて良かったです。(歯科衛生士)

次回のテーマは、
『脳血管疾患について また、医療機関との連携について』です。
講師 金 茂成 先生 社会医療法人財団 池友会 福岡新水巻病院 脳神経外科部長

歯科衛生士、歯科助手の方々も是非、ご参加下さい。
一講座のみ受講でもOKです!
医療従事者として、皆で勉強してゆきましょう。