福岡医科歯科連携研修会

大盛況のうちに、第1回目の研修会が終了しました。
研修会の模様につきましてはコチラから

 本研修会は、歯科医療従事者に必要な臨床での有病者患者対応についての基本を学びます。有病者の患者の治療に際して特に注意すべき、薬剤、禁忌事項等についての理解を深め、バイタルサインの観察、測定方法や介助を必要とする患者の基本知識などを知る内容となっております。
 講師陣には、池友会グループ救急病院で長期に渡り第一線でご活躍されている先生方をお招きし、今我々歯科医療に求められていることを聞くことができる研修会です。
 全7回の専門的な知識を確実に学べる今回の研修会により、歯科衛生士や歯科助手の方への臨床現場のステップアップになると思われます。

講師:藤井 茂 先生

第1回目 「糖尿病などの生活習慣病について
また、緊急時における救急病院との連携について」

講師 藤井 茂 先生

社会医療法人財団 池友会 福岡新水巻病院 院長

社会医療法人財団 池友会とは

研修内容
第1回糖尿病などの生活習慣病について
また、緊急時における救急病院との連携について
第2回脳血管疾患について
また、医療機関との連携について
第3回循環器障害について
また、医療機関との連携について
第4回歯科治療上注意すべき薬剤について
第5回臨床における診察介助に必要な技術および
有病者の口腔ケアについて
第6回日常生活行動の介助の基本および
歯科治療時における注意事項
第7回摂食・嚥下障害の知識
募集対象
歯科医師、歯科衛生士、歯科助手
開催概要
全7回 毎月 第2木曜日
開場 18:15 開始 18:30~終了 20:30(120分)
受講料
歯科医師全7回 35,000円 (各回 6,000円)
歯科衛生士全7回 30,000円 (各回 5,000円)
歯科助手全7回 25,000円 (各回 4,000円)

※特定回の研修会のみ受講(1回につき)
歯科医師 6,000円、歯科衛生士 5,000円、歯科助手 4,000円

会場
福岡和白リハビリテーション学院 5F 特別講義室
〒811-0213 福岡市東区和白丘2-1-13
TEL 092-608-8600
http://www.fukuokawajiro-reha.jp/
アクセスマップ
福岡医科歯科連携研修会プログラム
開催日時研修内容
第1回平成30年 4月 12日 (木) 18:30~20:30糖尿病などの生活習慣病について
また、緊急時における救急病院との連携について
第2回平成30年 5月 10日 (木) 18:30~20:30脳血管疾患について
また、医療機関との連携について
第3回平成30年 6月 14日 (木) 18:30~20:30循環器障害について
また、医療機関との連携について
第4回平成30年 7月 12日 (木) 18:30~20:30歯科治療上注意すべき薬剤について
第5回平成30年 8月 9日 (木) 18:30~20:30臨床における診察介助に必要な技術および
有病者の口腔ケアについて
第6回平成30年 9月 13日 (木) 18:30~20:30日常生活行動の介助の基本および
歯科治療時における注意事項
第7回平成30年 10月 11日 (木) 18:30~20:30摂食・嚥下障害の知識

全7回(全研修の受講終了者には、修了証書を発行致します)

お申し込み・お問い合せ先
福岡医科歯科連携研修会 運営事務局
代表 池田 英弘
〒811-0213 福岡市東区和白丘2丁目2-35(和白歯科クリニック内)
TEL 092-605-8311 FAX 092-605-8312
e-mail fukuoka.ikashika@gmail.com

福岡医科歯科連携研修会レポート

第1回「糖尿病などの生活習慣病について」「また、緊急時における救急病院との連携について」

福岡医科歯科連携研修会の第1回目 講師:社会医療法人財団 池友会 福岡新水巻病院 院長 藤井 茂 先生による『糖尿病などの生活習慣病についてまた、緊急時における救急病院との連携について』が大盛況のうちに終了致しました。
たくさんの皆様のご参加、有難うございました。

研修会風景写真

研修会風景写真

参加者の感想を一部ご紹介致します。

糖尿病について今まで薄っすらとした知識だったのでよく深く知ることができて良かったです。
また、藤井先生の口調に引き込まれ、退屈することなくずっと集中して話を聞くことができました。
歯科治療時の注意事項を聞くことができて、明日からの診療に役立てて行きたいと思います。(歯科医師)

堅苦しくなく、わかり易い説明と楽しい内容で飽きることなく時間が過ぎました。
このような勉強は、なかなか自分でしてもすぐ忘れたりしがちなので口頭で聞くことが大事だと思います。(歯科医師)

ステロイド内服の方にも糖尿病について注意が必要であることを認識しました。(歯科医師)

HbA1cの正常値(優↔不良の値)、血圧の値を頭に入れて仕事に活かします。(歯科衛生士)

糖尿病の患者様に対して気を付けるポイントを知ることができ、大変勉強になりました。(歯科衛生士)

糖尿病の方は、実際によく来院されるのでHbA1cの数値はよく伺いますが、手術の際は、7.0以下というのは知らなかったです。
先生の雑談もためになりました。土地柄、糖尿病が多いこと。HbA1cの数値が20の方がいた…等。
本に書いていないようなことなど楽しく聞けました。有難うございました。(歯科衛生士)

救急時の対応や今まで不安に思いつつ行っていたことが理解できて良かったです。(歯科衛生士)

次回のテーマは、
『脳血管疾患について また、医療機関との連携について』です。
講師 金 茂成 先生 社会医療法人財団 池友会 福岡新水巻病院 脳神経外科部長

歯科衛生士、歯科助手の方々も是非、ご参加下さい。
一講座のみ受講でもOKです!
医療従事者として、皆で勉強してゆきましょう。